福珠窯の作風ってどんな感じ?

公開日: : 最終更新日:2015/12/19 福珠窯について , , ,

福珠窯の作風は17世紀初頭に有田で焼かれた「初期伊万里」や同時期に中国の景徳鎮で焼かれた「古染付」の影響を強く受けています。

IMG_2620_02

初期伊万里と古染付 ~17世紀初めのおもしろさ~

古染付とは中国の明末から清初のころに景徳鎮の民窯で焼かれたやきものを指しています。景徳鎮の官窯では官の統制下での作陶活動や芸術活動というのはそれなりに予算をかけて技術の粋をつくした素晴らしいものができています。

しかし明代も末期になってくると景徳鎮の官窯も統制が乱れ、原料や技術も粗雑になってきます。ところがこのことが逆に陶工たちに自由な雰囲気をもたらしたのです。

くしくもこの時代は肥前有田において日本で初めて磁器が焼かれた時代と重なり、自由闊達でのびやかな作風は初期伊万里の素朴な釉調、自由な筆致の作風とも共通するものがあります。

福珠窯ではこの「古染付」と「初期伊万里」の両者に共通する時代性と作風に魅力を感じ、これが福珠窯の作風のベースとなっています。

釉薬も当時の調合を再現し、土にもこだわりを

福珠窯では市販そのままの釉薬を使わず、自社で調合した柞灰釉(いすばいゆ)という釉薬を使用しています。
柞灰釉は江戸時代の古伊万里にもつかわれていた釉薬で、染付の色のやわらかさと、しっとりとした釉肌が特徴。この魅力が現代にも通用すると判断して江戸時代の調合を再現して使っています。

また土に関しても福珠では特にこだわりを持っていて、他の窯元ではほとんど使用されていない通称「赤土」を使用しています。

この赤土は有田で一般的に使用されている白い磁土とは違い、鉄分をより多く含みます。そのため通常の白磁ような真っ白さは得られませんが、それが逆に柔らかさと優しい表情を生み出します。(白さを強調したいときは土も釉薬も変えています。)

赤土や柞灰釉は唐呉須との相性が非常に良く、この組み合わせこそが他にはない福珠窯独自の製品を生み出しています。

関連記事

福珠窯の染付 優しく深みのある青の秘密

福珠窯の染付に使用している「唐呉須」 染付とは素焼きした生地に呉須(ごす)と呼ばれるコバルトを含ん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

イベント出展スケジュールなどの新着情報

9月 【販売イベント出展】 第41回 西日本陶磁器フェスタ @西

【イベント案内】2019年有田陶器市 @福珠窯

2019年有田陶器市ですが、例年と同じく「福珠窯中樽工房」にて開催

【イベント案内】2019年春の窯まつり @福珠窯

毎年たくさんのお客様にお越しいただいております「福珠窯 春の窯

【イベント案内】2018年秋の窯まつり @福珠窯

毎年たくさんのお客様にお越しいただいております「福珠窯 秋の窯

【イベント案内】2018年有田陶器市 @福珠窯

2018年有田陶器市ですが、今年も「福珠窯中樽工房」にて開催いたし

→もっと見る

PAGE TOP ↑