【開発秘話】福珠窯の子供食器

公開日: : 最終更新日:2016/10/05 福珠窯の製品 , , , ,

わんぱく4点セット
福珠窯の子供食器は30年以上前、二代目である福田雅夫が、長男雄介(私です)が生まれた時に個人的に作ってくれた食器が始まりです。

_T5_4535
写真手前:二代目雅夫 写真奥:三代目雄介
撮影:高橋宏樹(HIROKI TAKAHASHI STUDIO)

小さい頃から有田の丈夫で上質な器を使わせ、ものの本質を見る目や、ものを大切に大事にする心が育つようにと作ってくれたものです。
物心ついたときにはすでに「ゆうすけ」と私の名前の入った、こいのぼり柄の食器を使っていたことが今でもはっきりと記憶に残っています。
f00243_1
当時使用していたものと同じ絵柄「こいのぼり」

初めはごくごく個人的な子供食器だったものを、さまざまな絵柄を追加しお名前入り子供食器として本格的に販売を始めました。

福珠窯はトレンドや流行に左右されず永くお使いいただけるようなデザインを心掛けています。子供食器も例外ではなく、いつの時代にも受け入れ愛される絵柄を採用しています。

その結果、二代目と同世代であった当時のお客様から多くの共感をいただき、私を含めたくさんの子供たちが福珠窯の子供食器を使ってくれました。

 

時代は流れ、私と同じく福珠の子供食器を使っていた方々が今、父となり母となり今度はご自身のお子様やお友達の出産のお祝いにとお名前入りのご注文を多く頂いております。

こうして販売から30年以上経過した現代でも、世代を超えて受け継いでいただき皆様に愛される福珠の代表作のひとつとなりました。

これから福珠窯の子供食器を使っていく子供たちが大人になり結婚し子供が生まれ親になった時に、またこの子供食器を使わせたいと思ってもらえるよう守り続けていくことが私たちの使命だと感じております。

 

福珠窯の子供食器はコチラからご購入いただけます。

kodomo_banner730_2

関連記事

やわらかい呉須の色で牡丹の花をモダンにデザイン~染付伊万里牡丹~

江戸時代初期の染付伊万里に原点を求めて 福珠窯が江戸時代初期の染付伊万里に原点を求めて19

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

イベント出展スケジュールなどの新着情報

12月 【販売催事出展】暮らしを彩る器フェア in コンベックス

【イベント案内】2018年秋の窯まつり @福珠窯

毎年たくさんのお客様にお越しいただいております「福珠窯 秋の窯

【イベント案内】2018年有田陶器市 @福珠窯

2018年有田陶器市ですが、今年も「福珠窯中樽工房」にて開催いたし

【イベント案内】2018年春の窯まつり @福珠窯

毎年たくさんのお客様にお越しいただいております「福珠窯 春の窯

【イベント案内】2017年秋の窯まつり @福珠窯

毎年たくさんのお客様にお越しいただいております「福珠窯 秋の窯

→もっと見る

PAGE TOP ↑